品質工学関係のセミナーの紹介 (申し込みは各主催者へ)

参加費補助は「品質工学会」のイベント一部の「日本規格協会のセミナー」のみです

補助対象かどうか不明の場合は事務局にご確認ください

品質工学会より     http://www.qes.gr.jp/

会員には品質工学会イベントには参加費を全額補助

  各自で申し込みを行い、各自で参加費を支払い。(参加を事務局にメール連絡)
 ②  研究会参加時に会計より、領収書と引き換えに現金をお渡しします。
 ★参加された方には後日、参加報告をお願いする場合があります。

第26回品質工学研究発表大会(RQES2018S)

あらゆる分野に評価でイノベーションを -ロバスト性を測る品質工学-

 

日 時 2018年6月27日(水) , 28日(木)  (例年と開催曜日が異なりますので,ご注意ください。)
場 所 タワーホール船堀』(東京都江戸川区船堀4-1-1) TEL:03-5676-2211(代)
当日は,タワーホール5階の大会受付にお越しください。
参加費
(予定)

品質工学会員 10,000円(一般会員),3,000円(学生会員)
   非会員 20,000円(一般),6,500円(学生)

懇親会
(予定)
2018年6月27日(水) タワーホール船堀2階「瑞雲」
(懇親会費 6,000円 が必要です。)
主 催 品質工学会

日本規格協会より  https://webdesk.jsa.or.jp/

会員半額補助:領収書を半額で2枚に分割してもらい、1枚を会計に渡してください
① 各自で申し込みを行い、各自で参加費を支払い。(参加を事務局にメール連絡)
②「関西品質工学研究会補助のため領収書の分割」を依頼し、参加費支払い(領収書を保管)
研究会参加時に会計より、領収書と引き換えに現金をお渡しします。

品質工学セミナー 入門コース   大阪 2日間  関西支部
(1) 開催概要
 日時:(両日とも9:30~16:30)
2018年06月07日(木) ~ 06月08日(金)
2019年02月27日(水) ~ 02月28日(木) 
会場:日本規格協会関西支部

参 加 費 一般: ¥ 51,840 <税込>  維持会員: ¥ 46,440 <税込> (変更になることがあります)

    ※参加費は、テキスト・資料代を含んだ金額です。

アイテックインターナショナルより      http://www.iteq.co.jp

==========【2019年度セミナー一覧】=========

=========ITEQ公開セミナーのお知らせ=================

【研修名】品質工学<タグチメソッド>2日間体験セミナー 

     ~品質トラブルへの特効薬! 体験型・EXCELで楽しく学べる~

【品質工学とは】田口玄一博士によって体系づけられた技術者の仕事のやり方・進め方です.

     特に,お客の使用条件を考え,品質のバラツキの少ない製品を開発する方法は

     劇的に開発製品の品質を上げ,品質トラブルの減少,クレーム減少,手戻りの減少,

     開発期間の短縮,コストダウンをする方法としてタグチメソッドと呼ばれ,世界中で活用されています.

【内容】品質工学基礎研修の決定版!これ以上分かり易いセミナーはどこにも無い!

         SIMでの演習を通じて品質工学の最も重要な部分である,評価方法と最適設計の

     効率的な決め方を学びます.

     基礎知識を学ぶだけでなく,経験豊富な講師による実務適用の際のポイントも

     お伝えします.

【お勧め】下記の方々に最適の内容です.

     *品質トラブルが後を絶たない.

     *研究開発で作った性能が製造・市場で再現されず悩んでいる.

     *世界に先駆け技術開発をしたい.

     *開発期間を短縮したい. 開発コストを下げたい.

     *KKD(カン・経験・度胸)の技術開発から脱却し,技術情報を活用したい.

     *品質工学の書籍を見て,難しそうと感じて敬遠している.

【対象者】開発・設計・生産技術・品質保証部門の管理者および実務者,社内教育担当者

【日時】2019年9月2日(月)&3日(火)の2日間ともに9:30~16:30

【カリキュラム】 

Ⅰ.品質工学がなぜ必要か 

1.品質工学のねらい 

 2.品質工学の内容と期待効果

Ⅱ.機能性評価(機能の安定性を評価する)

 1.機能の定義

2.機能性評価の進め方(機能が定義された後)

Ⅲ.ロバスト設計

1.なぜロバスト設計なのか

 2.ロバスト設計に必要な各因子の条件(水準)設定

3.各因子の割付け

4.ロバスト設計におけるSN比の求め方

5.実験結果の解析

6.ロバストネス最適化(ロバスト設計)の8ステップ

7.最後に Q&A 

【会場】WA東桜会議室 第三会議室

※名古屋地下鉄桜通線「久屋大通駅」徒歩3分

【参加費】@45,000円(税別)

【申込締切】2019年8月28日(水)17:30まで

【持ち物】筆記用具 PC(EXCELインストール済み)

【申込方法】下記に申込フォームがございますのでご参加を希望される研修名の申し込みを

      お願い致します.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田口伸によるタグチメソッド(品質工学)講演 3時間 7月11日午後 9,800円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生産立ち上げ強化

1日     7月19日 29,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実践!FMEA/FTA

2日間 8月22日23日 48,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タグチメソッド体験

2日間    9月2日3日     45,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タグチメソッドインストラクター育成 6日間 6日間    9月26日27日,

10月24日25日,12月19日20日 198,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MTシステム入門

1日 11月14日 28,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実践!FMEA/FTA

2日間 12月12日13日 48,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

成功事例から学ぶ!コスト削減のための品質工学活用術 3時間半 1月24日

15,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実務で役立つ!工程FMEA

1日   2月14日               32,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうすればうまく行く!MTシステム実務コツ編 1日 2月21日 28,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【場所】全コース名古屋開催  WA東桜会議室 第三会議室 地下鉄桜通線「久屋大通駅」徒歩3分

株式会社ジェダイトより https://data-engineering.co.jp/

日刊工業新聞社より http://www.nikkan.co.jp

のっぽ技研 長谷部さんより http://www.br4.fiberbit.net/noppo/

日科技連より http://www.juse.or.jp/src/seminar/detail/page/qes

・[参加申込受付中]セッション12「品質工学を活用した信頼性設計」決定!

 信頼性・保全性・安全性分野のビッグイベント「信頼性・保全性シンポジウム」開催。今年も41件もの優れた最新の実践事例、研究成果がそろいました。ご参加お待ちしています。

東京開催

・タグチメソッド入門コース(2日間コース)

・マハラノビス・タグチ(MT)システム入門コース(2日間コース)

・設計・開発における品質ばらつき抑制手法セミナー(1日コース)

大阪開催

・実験計画法セミナー入門コース(8日間コース:前期・後期各4日間)

 実験計画法を活用できる技術者育成のために! 

・実験計画法セミナー実践コース(4日間コース)

 実験計画法を駆使できる技術者育成のために!

What's New

<お知らせ>

品質工学シンポジウム参加申込み受付中

会員も事前申し込み必要

 

<入会案内> 

随時入会歓迎しています。事前見学も歓迎。

 

<研究会開催日>

2019年開催案作成

 

<品質工学シンポジウム>

2019年は10月4日(土)開催準備中

 

<セミナー情報>

・品質工学会イベント

・ITEQ

・日本規格協会

・日科技連

 など

 

<会員専用ページ>

毎年1月にパスワード変更

忘れた方は問い合わせください

 

<会員用掲示板>

2019/5/13 原顧問

 

<問い合わせ>

お問合わせはこちらから