会の経緯

1994年1月15日 原和彦氏(当時松下電工)の呼びかけにより第1回研究会発足(計量研究所大阪システムセンターにて) 当日集まった14人が発起人。

原和彦氏を会長に、当時の大阪計測システムセンター所長田中健一氏を副会長として設立されました。

以後、田口玄一先生の招聘や相互の事例研究など、毎月、研究会を行い現在に至る。

関西品質工学研究会10年の歩み
設立10周年記念シンポジウムの資料
関西QE10周年.pdf
PDFファイル 1.3 MB

通常の活動

定例研究会: 原和彦先生や会員相互によるテーマ指導(毎月)

会員相互の事例発表や研究発表(毎月)

田口伸氏や外部招聘による講演会(年数回)

WG(ワーキング・グループ)による分科会活動

関西地区品質工学シンポジウム開催(年1回)

移動研究会:企業訪問や工場見学+研究会(不定期) 実績:三菱重工、村田機械、オムロン、三菱電機など

合宿研究会:研修施設にて、一泊での研究会開催 河内長野YH、神戸しあわせの村など

懇親会:会員相互や外部講師との親睦会

ほか、いろいろ企画しています

合宿研究会

田口伸さんなどゲストを招き、一泊での研究会を行っています

他、多くのテーマとWGで深夜まで激論が展開、会員相互の親交も深まります

移動研究会

やはり毎年、会場を移し会員企業様を訪問したり、工場見学を行うことで、新鮮な知識が得られている。

より多くの技術や製造現場の知識を得ることで、機能性への考察を高め、互いの技術の理解に役立つ。

2013年4月5日(金)大蔵省造幣局本局の硬貨製造工程の見学を行った。参加31名。天気も良く、桜もとてもきれいでした。

オムロン綾部工場での研究会
オムロン綾部工場での研究会

オムロン綾部工場にて工場見学と移動研究会 2012年3月23日

工程内の省エネ、ポカよけなど、センサーを活用した先進的な取組みを学ぶことができた

午後は4つのテーマで活発な議論を行えた

What's New

<お知らせ>

品質工学シンポジウム参加申込み受付中

会員も事前申し込み必要

 

<入会案内> 

随時入会歓迎しています。事前見学も歓迎。

 

<研究会開催日>

2019年開催案作成

 

<品質工学シンポジウム>

2019年は10月4日(土)開催準備中

 

<セミナー情報>

・品質工学会イベント

・ITEQ

・日本規格協会

・日科技連

 など

 

<会員専用ページ>

毎年1月にパスワード変更

忘れた方は問い合わせください

 

<会員用掲示板>

2019/5/13 原顧問

 

<問い合わせ>

お問合わせはこちらから